ご挨拶

企業とエンターテインメントをつなぎたい ー 経営にエンタメ発想を!
 私は、銀行で経済のイロハを学んだ後、テレビ業界に参加いたしました。そこでは、経済番組からバラエティ番組まで、幅広く番組を制作。その後、事業会社の経営企画部門で、ブランディングやメディア開発、広告宣伝などの仕事に携わりました。
 つまり、最も“堅い”業界から“柔かい”産業、そしてその中間まですべてを経験したわけです。その結果、実感したことがあります。企業とエンターテインメントは確実に近づいています。近づかなければ未来はないとすら思っています。
 たとえば、大ヒット商品や人気のサービスは、「人間」のこころをしっかりと捉えています。この裏側を分析すると、どれも、エンタメ産業では当たり前のマーケティングの知恵が凝縮されているということがわかります。エンタメ産業は、マーケティングの知恵の宝庫です。このノウハウを、事業戦略に、ひいては経営にインプットして、お客様の収益拡大に貢献していきたいと思います。
 一方、私は現役の大学院生で、経営学の博士号を目指しています。研究テーマは知的財産のマーケティング。最新の経営理論やケーススタディを研究しています。また、大学の知的財産や教授陣、そして、経済の一線で活躍された実務出身の教授陣と非常に身近な環境にあり、日々、薫陶を受けております。実務に役立つ研究を行い、これを社会に還元していきたいと考えています。
 2005年、当社はテレビ番組の企画制作会社として産声をあげましたが、現在は、新規事業開発のプロデュースが主たる業務へと進化しています。エンタメ発想のマーケティングや経営が、大きな成果をうんでいます。

株式会社ベアーレイドエンターテインメント
代表取締役 熊野正樹
pageTop